4249393
2
[ジャーロ〈紙製本版〉2022年9月号]
https://books.kokode.jp/products/detail.php?product_id=4249393
<p><font size="3"><font color="#c31941">電子雑誌「ジャーロ」、2022年9月号(84号)の製本版を販売します!</font></font></p> <p>&nbsp;</p> <p>「ジャーロ」はミステリー小説の専門誌で、電子雑誌として刊行しています。<br /> 本格ミステリーをはじめ、サスペンス、ホラー、ファンタジーなど幅広いミステリー小説を掲載しており、長編連載だけでなく、一話完結の読み切り短編や連作短編も多数収録していますので、どの号からでも安心して読み始めていただけます。<br /> また、あらゆる角度からミステリーを掘り下げる充実の評論やコラム、エッセイも多数掲載。<br /> そして2021年より「ジャーロ」は隔月刊となりました!(年6回、奇数月の第4金曜日発売)<br /> 隔月刊化を記念して、電子雑誌「ジャーロ」の「紙製本版」を販売いたします。<br /> 今回は最新2022年9月号(84号)の販売です。<br /> バックナンバーとして2021年9月号(78号)、2021年11月号(79号)、2022年3月号(81号)、2022年5月号(82号)、2022年7月号(83号)も販売していますので、ご覧ください。<br /> <br /> ※次号の「ジャーロ」11月号(85号)電子版は、11月25日(金)発売です。</p> <p>&nbsp;</p> <p>【84号内容】<br /> 最新長編を二号連続全編掲載!<br /> 澤村伊智「斬首の森(前編)」<br /> <br />  解説「〝エンタメの今〟に向き合い続けて――澤村伊智ヒストリー」<br />  朝宮運河<br /> <br /> 新連載<br /> 大崎 梢〈春休みに出会った探偵は〉第1回「きらきらを少し」<br /> 額賀 澪「鳥人王」第1回<br /> <br /> 読み切り短編<br /> 岩井圭也「捏造カンパニー」<br /> 木村椅子「触れられなかった象を投げる」<br /> <br /> 好評連作<br /> 樋口明雄〈南アルプス山岳救助隊K-9〉「イノセンス」<br /> 大倉崇裕「一日署長 ~一九六八~」<br /> 坂木司〈和菓子のアン〉「掌の上(前編)」<br /> <br /> 好評連載<br /> 竹本健治「話を戻そう」第5回<br /> 辻堂ゆめ「2020心の相談室」第5回・最終回<br /> 薬丸 岳「神の配剤」第6回<br /> 早坂 吝「迷宮(す)いり」第8回・最終回<br /> 長浦 京「1947」第9回<br /> 中山七里「鬼の哭く里」第10回・最終回<br /> 西條奈加「バタン島漂流記」第11回<br /> 笠井 潔「屍(かばね)たちの昏(くら)い宴(うたげ)」第15回<br /> 恩田 陸「梟の昼間」第二十四回<br /> イクタケマコト〈名探偵ネーコンの事件簿〉第46回「恨みは深く」<br /> <br /> 企画<br /> 本格ミステリー新人発掘企画「カッパ・ツー」第三期選考対談<br /> 石持浅海&times;東川篤哉<br /> <br /> 評論&amp;コラム<br /> ◎新連載〈日本ミステリー文学大賞の軌跡〉<br /> 「第一回大賞受賞 佐野 洋」<br /> 市川尚吾(探偵小説研究会)<br /> <br /> ◎〈新保博久&hArr;法月綸太郎 往復書簡「死体置場で待ち合わせ」〉第2回<br /> <br /> ◎〈名作ミステリーの舞台を訪ねて〉第5回<br /> 「多島斗志之『不思議島』(前編) 今治(愛媛県)」<br /> <br /> ◎〈「新世代ミステリ作家探訪」通信〉第4回<br /> 「紺野天龍氏の方向性を決定づけた、ある作品。グロテスクな世界観を構築する、白井智之氏の美しきロジック。」<br /> 若林 踏<br /> <br /> ◎〈アフタートーク 著者&times;担当編集者〉第5回<br /> 「『大鞠家殺人事件』芦辺 拓(作家)&times;古市怜子(東京創元社)」<br /> 円堂都司昭<br /> <br /> 〈ミステリーファンに贈るドキュメンタリー入門〉第5回<br /> 「さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日~」<br /> 稲田豊史<br /> <br /> ◎〈日本の犯罪小説 Persona Non Grata〉第5回<br /> 「犯罪者の保身と欺瞞のメカニズム 松本清張『張り込み』」<br /> 杉江松恋<br /> <br /> 〈ミステリから見た「二○二○年」〉第5回<br /> 千街晶之<br /> <br /> 〈◎ポストコロナ文化論〉第5回<br /> 「破滅と成熟――佐藤友哉『青春とシリアルキラー』」<br /> 笠井 潔<br /> <br /> ◎〈謎のリアリティ〉第48回<br /> 「ミステリとカルト宗教」<br /> 蔓葉信博<br /> <br /> ◎〈謎と神話のあいだ」〉第30回<br /> 「「銀の鼻」「コモール伯」そして「殺人大将」」<br /> 千野帽子<br /> <br /> ◎〈Book Detective〉第73回<br /> 「黄金時代のミッシングリンク」<br /> 森 英俊<br /> <br /> ◎〈GIALLO BOOKREVIEW 2022年5月~6月〉<br /> 山前 譲<br /> <br /> ◎〈GIALLO SCREEN〉<br /> 「『ブレット・トレイン』『クリーン ある殺し屋の献身』『沈黙のパレード』『渇きと偽り』『千夜、一夜』」<br /> 北島明弘</p> <p>&nbsp;</p> <p>価格:1,550円(商品1,000円・送料550円/ともに税込)<br /> 購入方法:クレジットカード決済/PayPay決済</p>
https://books.kokode.jp/upload/save_image/4249393-1.jpg
雑誌購入
909
<p><font size="3"><font color="#c31941">電子雑誌「ジャーロ」、2022年9月号(84号)の製本版を販売します!</font></font></p> <p>&nbsp;</p> <p>「ジャーロ」はミステリー小説の専門誌で、電子雑誌として刊行しています。<br /> 本格ミステリーをはじめ、サスペンス、ホラー、ファンタジーなど幅広いミステリー小説を掲載しており、長編連載だけでなく、一話完結の読み切り短編や連作短編も多数収録していますので、どの号からでも安心して読み始めていただけます。<br /> また、あらゆる角度からミステリーを掘り下げる充実の評論やコラム、エッセイも多数掲載。<br /> そして2021年より「ジャーロ」は隔月刊となりました!(年6回、奇数月の第4金曜日発売)<br /> 隔月刊化を記念して、電子雑誌「ジャーロ」の「紙製本版」を販売いたします。<br /> 今回は最新2022年9月号(84号)の販売です。<br /> バックナンバーとして2021年9月号(78号)、2021年11月号(79号)、2022年3月号(81号)、2022年5月号(82号)、2022年7月号(83号)も販売していますので、ご覧ください。<br /> <br /> ※次号の「ジャーロ」11月号(85号)電子版は、11月25日(金)発売です。</p> <p>&nbsp;</p> <p>【84号内容】<br /> 最新長編を二号連続全編掲載!<br /> 澤村伊智「斬首の森(前編)」<br /> <br />  解説「〝エンタメの今〟に向き合い続けて――澤村伊智ヒストリー」<br />  朝宮運河<br /> <br /> 新連載<br /> 大崎 梢〈春休みに出会った探偵は〉第1回「きらきらを少し」<br /> 額賀 澪「鳥人王」第1回<br /> <br /> 読み切り短編<br /> 岩井圭也「捏造カンパニー」<br /> 木村椅子「触れられなかった象を投げる」<br /> <br /> 好評連作<br /> 樋口明雄〈南アルプス山岳救助隊K-9〉「イノセンス」<br /> 大倉崇裕「一日署長 ~一九六八~」<br /> 坂木司〈和菓子のアン〉「掌の上(前編)」<br /> <br /> 好評連載<br /> 竹本健治「話を戻そう」第5回<br /> 辻堂ゆめ「2020心の相談室」第5回・最終回<br /> 薬丸 岳「神の配剤」第6回<br /> 早坂 吝「迷宮(す)いり」第8回・最終回<br /> 長浦 京「1947」第9回<br /> 中山七里「鬼の哭く里」第10回・最終回<br /> 西條奈加「バタン島漂流記」第11回<br /> 笠井 潔「屍(かばね)たちの昏(くら)い宴(うたげ)」第15回<br /> 恩田 陸「梟の昼間」第二十四回<br /> イクタケマコト〈名探偵ネーコンの事件簿〉第46回「恨みは深く」<br /> <br /> 企画<br /> 本格ミステリー新人発掘企画「カッパ・ツー」第三期選考対談<br /> 石持浅海&times;東川篤哉<br /> <br /> 評論&amp;コラム<br /> ◎新連載〈日本ミステリー文学大賞の軌跡〉<br /> 「第一回大賞受賞 佐野 洋」<br /> 市川尚吾(探偵小説研究会)<br /> <br /> ◎〈新保博久&hArr;法月綸太郎 往復書簡「死体置場で待ち合わせ」〉第2回<br /> <br /> ◎〈名作ミステリーの舞台を訪ねて〉第5回<br /> 「多島斗志之『不思議島』(前編) 今治(愛媛県)」<br /> <br /> ◎〈「新世代ミステリ作家探訪」通信〉第4回<br /> 「紺野天龍氏の方向性を決定づけた、ある作品。グロテスクな世界観を構築する、白井智之氏の美しきロジック。」<br /> 若林 踏<br /> <br /> ◎〈アフタートーク 著者&times;担当編集者〉第5回<br /> 「『大鞠家殺人事件』芦辺 拓(作家)&times;古市怜子(東京創元社)」<br /> 円堂都司昭<br /> <br /> 〈ミステリーファンに贈るドキュメンタリー入門〉第5回<br /> 「さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日~」<br /> 稲田豊史<br /> <br /> ◎〈日本の犯罪小説 Persona Non Grata〉第5回<br /> 「犯罪者の保身と欺瞞のメカニズム 松本清張『張り込み』」<br /> 杉江松恋<br /> <br /> 〈ミステリから見た「二○二○年」〉第5回<br /> 千街晶之<br /> <br /> 〈◎ポストコロナ文化論〉第5回<br /> 「破滅と成熟――佐藤友哉『青春とシリアルキラー』」<br /> 笠井 潔<br /> <br /> ◎〈謎のリアリティ〉第48回<br /> 「ミステリとカルト宗教」<br /> 蔓葉信博<br /> <br /> ◎〈謎と神話のあいだ」〉第30回<br /> 「「銀の鼻」「コモール伯」そして「殺人大将」」<br /> 千野帽子<br /> <br /> ◎〈Book Detective〉第73回<br /> 「黄金時代のミッシングリンク」<br /> 森 英俊<br /> <br /> ◎〈GIALLO BOOKREVIEW 2022年5月~6月〉<br /> 山前 譲<br /> <br /> ◎〈GIALLO SCREEN〉<br /> 「『ブレット・トレイン』『クリーン ある殺し屋の献身』『沈黙のパレード』『渇きと偽り』『千夜、一夜』」<br /> 北島明弘</p> <p>&nbsp;</p> <p>価格:1,550円(商品1,000円・送料550円/ともに税込)<br /> 購入方法:クレジットカード決済/PayPay決済</p>
10
[ジャーロ〈紙製本版〉2022年9月号]

[ジャーロ〈紙製本版〉2022年9月号]

ITEM DETAIL 商品詳細

1,000円(税込)

数 量:

お気に入りに追加
※限定商品の取扱のため、返品・交換不可となります。(不良品の場合は、1週間以内にご連絡ください)。
在庫
○在庫あり △残り僅か ×売り切れ

電子雑誌「ジャーロ」、2022年9月号(84号)の製本版を販売します!

 

「ジャーロ」はミステリー小説の専門誌で、電子雑誌として刊行しています。
本格ミステリーをはじめ、サスペンス、ホラー、ファンタジーなど幅広いミステリー小説を掲載しており、長編連載だけでなく、一話完結の読み切り短編や連作短編も多数収録していますので、どの号からでも安心して読み始めていただけます。
また、あらゆる角度からミステリーを掘り下げる充実の評論やコラム、エッセイも多数掲載。
そして2021年より「ジャーロ」は隔月刊となりました!(年6回、奇数月の第4金曜日発売)
隔月刊化を記念して、電子雑誌「ジャーロ」の「紙製本版」を販売いたします。
今回は最新2022年9月号(84号)の販売です。
バックナンバーとして2021年9月号(78号)、2021年11月号(79号)、2022年3月号(81号)、2022年5月号(82号)、2022年7月号(83号)も販売していますので、ご覧ください。

※次号の「ジャーロ」11月号(85号)電子版は、11月25日(金)発売です。

 

【84号内容】
最新長編を二号連続全編掲載!
澤村伊智「斬首の森(前編)」

 解説「〝エンタメの今〟に向き合い続けて――澤村伊智ヒストリー」
 朝宮運河

新連載
大崎 梢〈春休みに出会った探偵は〉第1回「きらきらを少し」
額賀 澪「鳥人王」第1回

読み切り短編
岩井圭也「捏造カンパニー」
木村椅子「触れられなかった象を投げる」

好評連作
樋口明雄〈南アルプス山岳救助隊K-9〉「イノセンス」
大倉崇裕「一日署長 ~一九六八~」
坂木司〈和菓子のアン〉「掌の上(前編)」

好評連載
竹本健治「話を戻そう」第5回
辻堂ゆめ「2020心の相談室」第5回・最終回
薬丸 岳「神の配剤」第6回
早坂 吝「迷宮(す)いり」第8回・最終回
長浦 京「1947」第9回
中山七里「鬼の哭く里」第10回・最終回
西條奈加「バタン島漂流記」第11回
笠井 潔「屍(かばね)たちの昏(くら)い宴(うたげ)」第15回
恩田 陸「梟の昼間」第二十四回
イクタケマコト〈名探偵ネーコンの事件簿〉第46回「恨みは深く」

企画
本格ミステリー新人発掘企画「カッパ・ツー」第三期選考対談
石持浅海×東川篤哉

評論&コラム
◎新連載〈日本ミステリー文学大賞の軌跡〉
「第一回大賞受賞 佐野 洋」
市川尚吾(探偵小説研究会)

◎〈新保博久⇔法月綸太郎 往復書簡「死体置場で待ち合わせ」〉第2回

◎〈名作ミステリーの舞台を訪ねて〉第5回
「多島斗志之『不思議島』(前編) 今治(愛媛県)」

◎〈「新世代ミステリ作家探訪」通信〉第4回
「紺野天龍氏の方向性を決定づけた、ある作品。グロテスクな世界観を構築する、白井智之氏の美しきロジック。」
若林 踏

◎〈アフタートーク 著者×担当編集者〉第5回
「『大鞠家殺人事件』芦辺 拓(作家)×古市怜子(東京創元社)」
円堂都司昭

〈ミステリーファンに贈るドキュメンタリー入門〉第5回
「さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日~」
稲田豊史

◎〈日本の犯罪小説 Persona Non Grata〉第5回
「犯罪者の保身と欺瞞のメカニズム 松本清張『張り込み』」
杉江松恋

〈ミステリから見た「二○二○年」〉第5回
千街晶之

〈◎ポストコロナ文化論〉第5回
「破滅と成熟――佐藤友哉『青春とシリアルキラー』」
笠井 潔

◎〈謎のリアリティ〉第48回
「ミステリとカルト宗教」
蔓葉信博

◎〈謎と神話のあいだ」〉第30回
「「銀の鼻」「コモール伯」そして「殺人大将」」
千野帽子

◎〈Book Detective〉第73回
「黄金時代のミッシングリンク」
森 英俊

◎〈GIALLO BOOKREVIEW 2022年5月~6月〉
山前 譲

◎〈GIALLO SCREEN〉
「『ブレット・トレイン』『クリーン ある殺し屋の献身』『沈黙のパレード』『渇きと偽り』『千夜、一夜』」
北島明弘

 

価格:1,550円(商品1,000円・送料550円/ともに税込)
購入方法:クレジットカード決済/PayPay決済